読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元メガデスのギタリストが激しく日本人化している件

今日のはてなブックマークで知った!

昔、メガデスというヘビーメタルのバンドでギターを弾いていた僕ですが、J-POPが大好きになって、今ではバンドも辞めて日本に住んでいます。「日経エンタテインメント!」では、僕が、外国人、ギタリスト、作曲家という視点からJ-POPのヒットに迫るコラムを連載していますが、その番外編をネットでお送りしたいと思います。

言われてみれば……コブクロとゆずみたいなデュオがアメリカにいない理由は? / デジタルARENA

メガデスのギタリスト「マーティ・フリードマン」が親日派で日本に在住ってのはネットからの情報で知ってたけど、ここまで日本人化してるなんてっ!!


高校生の時、悪友hiro5351氏から教えてもらったメガデス
当時スラッシュメタル四天王と言われてたメガデス
メタリカをクビになったデイブ・ムステインが自ら「インテレクチュアル・スラッシュ」と称し結成したメガデス
当時、「破滅へのカウントダウン(COUNTDOWN TO EXTINCTION)」がヒットしたメガデス
ちなみにジャケットはこんなの ↓ (怖っ)


そのメガデスでギター弾いてた「マーティ・フリードマン」のコメントがっ!!!

コブクロの新曲『蕾』は、洋楽の影響ゼロで、こたつに座って、みかん食べながら、テレビドラマ見てるイメージ。ギターとボーカルだけのスカスカのサウンドと、温かくていやされるようなアレンジで、子どもからおばあちゃんまで楽しめる、本当においしい曲です。

言われてみれば……コブクロとゆずみたいなデュオがアメリカにいない理由は? / デジタルARENA

オゥーノゥーっ!!!!

なんたるイメージの乖離!


さらにWikipediaで衝撃の事実が発覚っ!!!
以下、引用文は全てマーティ・フリードマン - Wikipediaより引用。

日本のテレビ番組『ヘビメタさん』にレギュラー出演、ギターをプレイしつつ流暢な日本語を話すことでお茶の間でも一部で話題になる。一部では、あまりにも流暢な日本語を話し、日本の文化や諸事情などにも詳しいことから「ギターが弾けるデーブ・スペクター」などとも呼ばれている。

日本語への情熱も熱く、日本に移住する前から日本語は流暢だった。日本人以上に漢字を使いこなすことでも知られる。ツアーの暇つぶしに日本語を通信教育で勉強したらしく、大学の日本語弁論大会にも出場し、準優勝している。口癖は「いいじゃん」「ありえな〜い」。

日本に来るようになってから、日本のアイドルを好むようになり、特にハロプロ系が大好きで、プロデューサーであるつんくを尊敬している。

2005年には元X JAPANのPATAや元LUNA SEAの真矢と共に相川七瀬のコンサートツアーに参加。鈴木亜美のギタリストとして念願のNHK紅白歌合戦出場の夢も実現した。松浦亜弥と浜崎あゆみの大ファン。

いやはや、もうなんと言おうか・・・
言葉を失うとはこういう事を言うのかと。


でも「マーティ・フリードマン」に非はないか。
言われてみれば……コブクロとゆずみたいなデュオがアメリカにいない理由は? / デジタルARENAで彼が述べている考察も妙に納得してしまう訳だし。
逆にここまでマーティを虜にした「J-POP」に日本人は誇りを持つべきか!?


とにもかくにも、ここまで日本を愛している外国人は大事にするべきだよ。



【追記】
先ほどhiro5351氏に確認したところ、彼はマーティ・フリードマンがTVに出演してること、芸風がお笑いだということを知っていた。
知ってる人は知ってるのね・・・



関連リンク
マーティ's レポート: マーティの発展途上国