読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの元へ届けたい

眠れない夜がある、目が冴えて寝つけない夜が。
そんな時は潔くあきらめてじっくりと腰を据えて文章を読むか、それとも書くか。
誰かがそんな事を言っていた気がするけれど、もしかすると僕の勘違いなだけかも知れない。

眠れない夜に触れる言葉には魔法がかかっていることも多いものだ。一つひとつの言葉に宿る魂みたいなものに魅せられることがある。言霊に近いものなのかも知れない。
もしもそうならば、僕の言葉もカーテンを薄く照らし出した朝日の向こう側に吹く風に乗って、あなたの元へと届けばいいなと思う。

ありがとう。
いつも屈託ない無邪気な笑顔を。

ありがとう。
周りをパッと明るくさせる存在感を。

ありがとう。
分け隔てなく人に与えていたその元気を。

ありがとう。
出会えたことを。

サラサラと流れ出した砂時計は、今も手のひらから溢れてはこぼれていく。
もう一度逆さまにして一から時間をはかることが出来たならと、どれほど思うか。

あれから音のない毎日が続いていた。
いや、厳密に言うと音は聞こえているけれど、頭に入って来なかったんだ。
イヤフォンで耳を塞いでも右から左へ流れていくだけだった。
大勢の人混みが行き来する雑踏の中にいても何一つ音がしなかった。

昨日の昼休みに、食事を終えて公園のベンチでただボーッと座っていた。
何気なく見上げた空は、9月を迎え夏の密度の濃い青から白と水色の淡いグラデーションに変わっていた。
その空をゆっくりと流れて行く薄い雲をぼんやりと眺めていた時に急に聞こえたんだ。
あなたの声が。

その声が聞こえた途端に、木々の枝葉がすれ違う音や風が耳をくすぐる音、キャッチボールをする子ども達の笑い声、散歩する犬の鳴き声、その他いっさいの音が僕の中に入って来た。

あなたとは今もこうして空の下つながっている、そう思ったら僕は涙があふれた。

あなたのことをひまわりだと言う人がいる。
僕が知る限りでは、あそこには本当にたくさんのひまわりが咲いていると思うけれど
あなたがその筆頭であることに僕も異論はない。

あなたはそんなことはないと言うかも知れない。
気を使うあなたのことだから謙遜するかも知れない。
だけどこれだけは言えるよ。

あなたはたくさんのひまわりの種を残していった。

みんなの中に、一人ひとりに、あなたのひまわりの種が埋まっています。
いつか大きく育んだら、ひまわりの前で一緒に写真に写ろう。
その時まで。

じゃあまた、ね。
本当に、ほんとうにありがとう。