読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

待つよろこび

3月になりました。

僕はと言えば、毎日どこからともなく飛んでくる花粉に泣かされたり泣かされたり泣かされたり。
流れ落ちる鼻水と、抑えることのできない目のかゆみと、止まることのないくしゃみの毎日。
こんなことを書いているとなんだか身体までむずがゆくなってくるから不思議。

そんな訳で毎年3月になるとつらい毎日から僕はどーんと沈みがちになるのです。
そう言えば去年の3月なんて花粉とともにいろいろな状況がふりかかり、それこそどよーんと沈んじゃって、web上から完全に姿を消してしまいました。あの時は周囲の友人にひどく心配をかけちゃいました。関係者のみなさん、その節はご心配をおかけしました。

今年も花粉はあいもかわらず酷いのですが、今月から仕事がバタバタと慌ただしいこともあり、どよーんと沈んでもいられません。
泣いても笑っても花粉は飛んで来ますから、ここは逆に一念発起でマスクをしつつ笑い飛ばしてやる心づもりです。

そんなこんなで、花粉だけじゃなく春もすぐそこまでやって来ています。
耳を澄ませば足音が聞こえてきそうな気配。
まだまだ寒い日もあるけれど、日中は穏やかな陽気に包まれる日も多い。
雨の降る日も多い気がします。特にこの季節の雨は花粉の飛散量を少なくするので僕は嬉しい。

降ったり止んだり。
寒かったり暖かかったり。

そんな変化を少しずつ繰り返しながらゆっくり春になっていく。
とても好きな季節でもあります、花粉さえなければ。

何よりこの季節には、春を待つ喜びがある。
春が訪れたら訪れたで、それはとっても心地のよいものだけれど、春爛漫を謳歌する幸せとは別に“春を待つ幸せ”というものもあるような気がします。

まだ春にはなっていないけれど、春の楽しさをあれこれと想像しながら待つ喜び。
それは例えばフィルムを現像に出して待ちわびる日々に似ているかもしれない。

小さいけれどもほんのり暖かい充足感。
とても幸せな夢を見ている時のようなほんわりとした満足感。

それは、春爛漫や夏真っ盛りの心地よさとは別の
とっても大切で素敵な心模様。

DSC_0007