読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックロックこんにちは レポ Vol.1


あ〜だこ〜だ沸いてくるイメージで言葉遊びしてしまいましたが
『ロックロックこんにちは Ver.10 パイレーツ・オブ・10ビリアン 夜銃』(10ビリアンで"トリビアン"と読むそうな)行ってきました!!


今年はロックロック10周年と言うことでかなりメンツが豪華だったんですが、期待通りどころか、もうこれでもか!これでもか!とメインディッシュが回転テーブルに乗っかって回り続けるメリーゴーランドですよ!!*1


ではど〜ぞ
真心ブラザーズ
パパYO-KINGを是が非でも応援したい僕は*2必ず押さえておきたいトコでしたが、13時ちょい過ぎに泉大津フェニックスに着いたら「拝啓、ジョン・レノン」が風に乗って聞こえたので全速力で会場入り。なぜ間に合わなかったかと言うと、出演者のタイムテーブルが当日発表で誰がトップかは行ってみなきゃ分からなくて、完全に検討が外れたからです。
「ENDLESS SUMMER NUDE」、「空にまいあがれ」など夏空の下にあう曲が続き、「どか〜ん」まで演ったので会場はしょっぱなから盛り上りましたね。


YO-KING好っきゃわぁ。かっこよかった。



吉井和哉
YOSHII LOVINSON改め、今は本名になってるんですね。
YELLOW MONKEY時代から70'sなグラム・ロックの猥雑さと良い意味での歌謡曲っぽさを併せ持った楽曲、正統派ビジュアル系と言うのか、まぁグラム的な風貌、かなり好きだったんですがソロになってからは少なくともルックスはおとなしくならはったようですね。
曲はソロデビュー曲の「TALI」くらいしか知らなかったのですが、全体を覆うダークさ加減がかなり好きになりました。
もちろん「TALI」一緒に歌ってきました!「結婚しようよ〜BABY〜」
ラストはな、なんと、イエモン時代の「LOVE LOVE SHOW」!!!
「それじゃさよならお元気で〜 LOVE LOVE しよう〜」


トップが『真心』でカラッと盛り上ったので、ある意味2番手で良かったのかな?でも夜に是非見たいパフォーマンスでしたね。



ジェイク・シマブクロ
詳しく知らなかったけれど、なんだか最近名前はどこかで見たことあるミュージシャンだなぁと思ってたら・・・
めちゃロッキンなウクレレ奏者でした!!!
フレーズがバリバリにロックしてたり、チョーキングするわ挙句ライトハンドしてましたからね、ウクレレで。はじめてみた(笑)
ただ、メンツ的にあまり自由時間がないので僕はここでトイレ行ったりお店まわったりしました。ごめん、ジェイク。


【レミオロメン】
トリオやのに演奏めちゃうま!!
「南風」、「3月9日」、「粉雪」、「太陽の下」、かなりツボを抑えた選曲で会場全体のシング・アロング係数も前半では最高潮!!
今回のメンツの中ではかなり若手ミュージシャンですが、一番オーディエンスの心掴んでましたね。楽曲が知れてるって強い(笑)
僕は3年前の同じくロックロックで見た時にかなりツボに来て、デビュー盤の「朝顔」買ったんですが、初期の方が好き。
最近はプロデューサーの"小林武史"色が強いようでシングル以外あんまり聞いてないです。だから、「雨上がり」が僕は一番盛り上りましたね。


余談ですが、唯一のレミオロメンのサポート・メンバー。あのスキンヘッドのキーボードの人は、YUKIのバンド「アストロ」のキーボード"みねちん"さんと違いました??



そろそろ眠くなって来たので、今夜はここまでで許して下さい(笑)
では、また明日。おやすみなさい。

*1:よく分かりませんがゴージャス感でお腹一杯ってコト

*2:YUKIの大ファンです